ピナフォーはえぷろん専門店です。ピナフォーの商品はすべてオリジナルです。
ホーム店長ブログ
店長ブログ
店長ブログ:201
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | ... 11 次のページ»
2014年12月08日
ヤスミンさん 台湾でもピナフォーのエプロンを着て頂いています!

以下 ヤスミンさんのfacebookより抜粋

台灣にて、拙著「做點心也可以很華德福 」
(シュタイナーのおやつ)にサイン中の私~♡

非常感謝!
(どうもありがとうございます!)

Yasming♡

って書きました~!!!

皆さん何冊も本を買ってくださって、
すごく嬉しかったです♪

なんと、本土(中国)でも売っているそうですので
中国や台灣でお仕事されている方は、
どうぞよろしくお願いいたします~♪

http://yasming.net/
2014年12月02日
あいにくの雨の中 100名以上の方々で盛り上がった米粉フェス
米粉の人気にびっくりしました!

パーティ形式で たくさんの米粉を使ったお料理が並び もちろん日本酒もあり
陣田先生のお話ありであっという間の3時間でした

米子マイスターの方々や お料理の先生方など 食に携わる方々のお話も楽しかったです

米粉は 新しいものではなくて 和菓子などでは昔から使われていたのですよね
米粉のパンなども とてもやさしいお味で使っていこうと思いました

陣田先生にはいつもピナフォーのエプロンを着けて頂いているので 既に宣伝効果が
行き渡っていて たくさんの方にエプロンをご購入頂きうれしかったです

ありがとうございました!!



2014年11月07日
フードコーディネーター 料理研究家 と幅広くご活躍の野口英世さん

ピナフォーのエプロンをご愛用頂いています

エプロンは 使わなければ ただの布ですが
こうして 仕事着としての役目を与えられ きっちりサポートする使命を果たすことができれば エプロン屋としても本望です

https://www.facebook.com/hideyo.noguchi.simplestyle
2014年09月28日
福岡県と大分県の県境 豊前市の求菩提山(クボテサン)の中腹にある
ギャラリーとカフェ「手仕事村 やまぼうし」

キッチン展の写真が届きました

東京では広い空間を使っての展示会はなかなか難しいですが
「やまぼうし」では ゆったりとした空間に のびのびと展示してあります

流れる時間の違いを感じます

うれしいです


2014年09月01日
今年は なんと七つの実を付けてくれた檸檬

だいぶ大きくなってきました
よくぞ大きくなってくれた!という気持ちでいっぱいになります

細い枝の先っぽに実をつけるのですね~

七つとも あっちこっちと枝を選ばず大きさもそれぞれ違います

これから収穫まで 目が離せません
2014年07月14日
3センチの命で 木を離れてしまったレモンを割ってみた

かわいい・・・・

舐めてみたけれど 味はあまりない

絞ってみたら なんと若い清々しいレモンの香りが広がる!

捨てなくてよかった
2014年07月14日
うちにレモンの木を植えたのは 11年前
一年目 二年目 それはそれは瑞々しいレモンが実り 大事に大事に戴きました

それからパタリと実らなくなり 葉っぱは虫に食われたり 道路沿いに植えているので
大きなトラックに 枝をひっかかれ 大雪のため 生木を裂かれ 苦労をかけていました

それが去年 なんと 2個の実を付け 大きくなるまで辛抱強く待って おいしく戴きました
そのジューシーさと言ったら うま~い!って飛びあがるほどです!


今年はどうかな?とやきもきしていましたら 何個かのまだ小さいレモンの実を確認しました
小さいうちから レモンの形をしているところがかわいいです
緑の色も濃く美しい小さな実が だんだん大きくなるにつれ 黄色く色付く様が楽しみです

そんな中 小さいまま色付きも始まったのに 実が落ちていました

前にもたくさんの実がなったのに 小さいうちにポロポロ落ちてしまって 悲しい結果になったことがありました

今年は どうぞ1個でも 大きく実るまで落ちないで~と祈るばかりです

小さいまま落ちた実を 捨てられない・・・



2014年06月22日
今年は 我が家のあんずも たくさん実を付けました

春に薄紅色の花を咲かせて 実を付け だんだんと大きくなり みどりから
黄色くなり オレンジがかってくると もう食べごろです

うっかりすると 熟す前にも 重みで落ちてしまいます

実がなる木は いとおしい
2014年06月19日
茨木のり子さんを 初めて知ったのは 岩波ジュニア新書「詩のこころを読む」でした

素直にすぅっと共感する詩もあるけれど 何度読んでも状況に入っていけない難解な詩もあり 想像力がないのかなぁと思ったりしていたときに 茨木のり子さんの このご本と出会いました

題材に選ばれた詩を読み解くその解説が 実に的確でみずみずしく 詩よりも茨木さんの文章に強く惹きつけられたことを覚えています


大正15年生まれ 平成18年没と 大正・昭和・平成と生き抜き その美しさゆえ 聡明で別の次元の方と思っていましたが 詩を生み出すまでの苦悩や並々ならぬ勉強家でもあったこと  
また 家計簿やお料理のレシピのスクラップなど きちんとした生活をされていたことが伝わり 少し身近にも感じて ますます好きになりました

芦花公園から帰る道すがら 気持ちが晴れ晴れとする一日でした

http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html


2014年05月22日
初代 ピナフォーの「顔」ともいうべき HPの表紙を飾ってくれていたのが イラストレーター
「YORIKO」の 元気で 好奇心ありありの女の子でした

パン屋さんをイメージしてくれたのかな?と思います


パソコンをカチャカチャ打っていたら 突如飛び込んできたのでした

おなつかしゅうございます~という訳で 載せちゃいます!
2014年05月12日
緑が若々しい5月 千葉県佐倉市にある DIC川村記念美術館へ行ってきました

大好きなマーク・ロスコの作品  
ロスコの作品のために作られた部屋にいると愛を感じます

アレクサンダー・カルダーの彫刻が目に飛び込んできたときには あ!こんなところにいたの!って 思わず声に出してしまいました

エルンスト ジャスパー・ジョーンズ ステラ ボロック など幅広く堪能できました


広大な庭園を散策しながら のんびりとした時間がうれしくて 
毎日の 目に見えない疲れのようなものの蓄積が溶けていくようでした


私にとってのプチ解放は やっぱりARTにふれることかなぁ
誘ってくれた 私のARTの師匠 ありがとう!!


2014年02月10日
英国ウェールズに拠点を置くキャロリン・デンハムによるブランド
MERCHANT & MILLS

裁縫道具やピンのパッケージがクールですよね

生地を購入してみました

インド綿 アフリカ綿は こころ惹かれますが 色落ちするのが難点です
エプロンには使えないので 夏服にと 考えています



2014年02月10日
毎年 受験シーズンには大雪に見舞われて ドキドキします
またまた福寿草でごめんなさいですが どうか合格の福がきますように!
2014年02月04日
今年の福寿草は なんと10この花を付け 押しくらまんじゅう状態で咲いてくれました

毎年すこしずつ花の数を増やしてくれて 本当にいとおしい

今年もたくさん福がありますように!

2013年10月16日
仕事でアフリカとのご縁がある女性に アフリカのストールを戴きました

バティック絵柄のざらっとした質感の布とは違って こちらは高級品らしく 光沢のある
目の詰まった美しい布です


写真も何枚か見せて頂いたのですが あらゆる色が鮮明で ストレートに反射している印象を受けました

彼女が言うには 空の青と 大地の茶色と 木々の緑の対比が アフリカそのものだそうです

布にも3色が生かされているものが多いとのことでした

いつか アフリカの布を使ったものを作れたらなぁと願っています
2013年07月06日
7月5日~7月10日まで 代官山 暮らしの工芸&ギャラリー 「無垢里」で
「眞水」さんの 織姫のおめかしー夏の装い展 が開催中です

ピナフォーのバルーンワンピースに眞水さんが素敵な絵を描いて展示販売されています
無地のワンピに眞水ワールドが広がり 独特の味わいです

ぜひ お出かけください

http://mamizu.net/index2.htm
2013年06月20日
6月の花嫁

ウエディングドレスには 究極の美がありますね
いつの世も ドレスを身にまとう花嫁さんを見ると
こちらまで しあわせが伝わってきます

ウエディングドレスだけ扱う個人のデザイナーもいます
これだけのボリューム感を出しながらも 軽やかで厳かなイメージを
保てる生地の量は・・・とか つい考えてしまいました
現実的・・・・

2013年05月31日
昨年に続き 今年も「いちーもく」やります

6月28日から一週間 阿佐ヶ谷「ひねもすのたり」にて

やっと縫製への発注が終わりました

今回は エプロンに加えて 服をたくさん作りました

少しずつ ご覧いただけるようにしたいと思っています
2013年04月07日
麻生地 ピンクとパープルが入荷しました

少し紫がかったマットなピンクの麻生地と ツヤのある深い味わいのパープル

どちらもしっとりと重みのある生地です

定番のエプロンもいいけれど お出かけ用にも作ってみたいとvあれこれデザインが膨らむ
一番しあわせな時です
2013年03月29日
昨日は 暖かくなったので 予てより行きたいと思っていた 田園調布の「イン・マイ・バスケット」へ友人と連れ立ち 伺いました

和と洋をうまく併せ持つ ちょっとフランスっぽい陶器やガラスなどが並び 女性の目線を強く感じた きもちの良い空間でした

スプーンとお箸を一緒に置けるガラスの箸置きを目当てに行きましたが 入荷待ちとのことだったのでお願いして 少し大きめのさくらの木のフォークを購入しました


そのすぐそばにおしゃれなショップがあり 何気なく入っていくと そこには小柄で背筋の伸びた にこやかな女性が・・
料理研究家の「有元 葉子先生」ご本人でした!
ああ ここだったのかとナットク 

有元さんのお料理本にどれだけ助けられたかわかりません
相性が良いというのか どのお料理もピッタリときます
どの本もボロボロです
そのことをお伝えすることができたのでうれしかったです


桜のころは 気分も明るくなり おまけが付いて 楽しい一日でした
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | ... 11 次のページ»